2010年03月24日

朝凪のアクアノーツ

関係ないものが全て主人公×ドルフィン2号で連想されて、脳が浸食されている気がします。
いえ、これが「腐る」ということなのですけどね。

「アクアノーツ」でふらふらと検索をしておりましたら「朝凪のアクアノーツ」というゲームが引っかかりました。
何かと思ったらエロゲwでしたが、真剣に公式サイトをじっくり見てしまいました。
「アクアノーツ」という単語は本来「海中探索員」というような意味らしいですが、そのエロゲでは「海中散歩」的な意味で使っているらしいです。
アクアノーツホリデイは両方の意味があるではありませんか。さすがアートディンク!

そこでもまた腐れ脳が発揮され、デモムービーで流れていくヒロインが全てドルフィンたんに見えますよ。
このヒロイン自体はあまり好みでないのですが、私は人魚萌えなので人魚ネタは熱烈歓迎です。

関係ありませんが、懐かしのアニソンCDを家族が買って参りまして、「未来警察ウラシマン」という昔のアニメで「ミッドナイト・サブマリン」という歌が入っていたのです。
この番組は私は見ていないのですが、「スクリューが回る〜」とか、歌詞が潜水艦なんですよ。
「ミッドナイト・サブマリン君と乗りたいのさ」というフレーズが「君に乗りたいのさ」とか聞こえてしまい、なんかもう末期です。
posted by kaira at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだドルフィンたん

ご無沙汰しております。
あまりブログに書き込む時間が無いので、書くだけ書いてため込んでいたりします。

2010/12/17

ベヨネッタすげぇやってます。VERY EASYとEASYでクリアしましたので、今NORMALでやってます。
感覚的にはHARDじゃないかと思うくらい大変です。もちろんマリオネット装備です。
NORMALを全部プラチナでクリアするとジャンヌが使えるようになるとのことで、必死にやってますが、STONEばかりで昨日丁度クリアしたのですが、プラチナには遠い道のりです。
右腕が筋肉痛です。R2ボタン連打とか普通やりませんよね。

ベヨが男だったらどんなにいいかと思いましたが、男だったらただの「龍の如く」ですねw
いや、なんとなくベヨ×ルカ萌えるかなと思いまして…。

2010/02/19

年が明けてしまいました。
最近ずっとベヨネッタと龍が如く3をやっていたのですが、久しぶりにシンガーと戯れて参りました。
車の中では毎日CDを聞いているのですが、ゲーム本編ではBGMって意外と音が小さかったのですね。
ヒナの裏庭ってどこの曲だったっけと思いながら行ったら、ミームの木のさえずりがうるさくてあまり聞こえませんでした。
波の音も聞きたかったのですがやはりうるさくてw
あまり海の中でドルフィンたんと2人きりで落ち着ける場所って無いんですね。
マナティでしたっけ、あれ存在感ありすぎますし、他の魚のいないピンクの海は曲が落ち着きませんし。
深海は怖いし吊り橋効果としては良いのですが、深海魚は怖いです。
トゥナの隠れ家は名前的には良いのですが2人きりになれません。チューブワームの絨毯はちょっとアレですし。
魚が少ない場所では何故か異様に存在感のある生物がいるんですね。コブシメとか財宝の洞窟のタコとか。
そういえば宴会の穴には何かいましたっけ。後で確認してみます!

<その後>

宴会の穴には誰もいなかったのですが、マンタシンガーの声がずっとうるさくてなんと言いますか2人きりな気分になれませんでしたw
その後あちこち回って、冒険の海の小判の袋を見つけたところが静かだということがわかりました。
狭いのですが、静かで暗すぎず明るすぎず良い感じです。

しかし宝の袋は発見物の中に出てこないので、どんな名前でどんな形だったのか覚えていません。
アクアヘブンのクレジットになったので、きっと主人公がネコババして記録に残さなかったに違いありません。
あれのおかげでNaSUをやっと追加購入できた記憶があります。
真面目に新種の魚を探していると貯金も増えるのですが、そんなことよりお話の続き〜とやっていたので、途中ちょっと貧乏になりました。

2010/03/23

ところでこのブログの説明に「キャプテン×ドルフィン2号」とずっと書いて参りましたが、「キャプテン」より「主人公」と書いた方が良かったかなと最近気が付きました。
普通でしたらまず「主人公」表記ですよね。
いえ、なんとなく呼び名で書く癖がありまして、兄弟物でも兄キャラのことを兄さんとか呼んで(書いて)しまって、通りすがりには誰のことかわからない状態です。
とりあえず検索にひっかかるようにw「AQUANAUT'S HOLIDAY〜隠された記録〜主人公×ドルフィン2号」とか書いておこうと思います。
あ、あと「ビル×ドルフィン1号」も追加しておきます。両想い至上主義顕在です。
posted by kaira at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

アクアノートの休日2

手に入れました!
どこからか家族が探してくれて、人づてで入手しましたよ!
今手に入るとは思いませんでしたので、祭りですよ!!
兎に角PS3に突っ込んでプレイしてみました。

…狭い。見通しが悪い。メニューが見づらい。操作性が…
いえいえ、それはハードの限界のせいです。という訳で気を取り直してプレイしました。

取説を見てみると、白イルカがキーキャラらしいですね。
海洋研究所の主任である父は寡黙だそうですが、白イルカの話になると饒舌になるらしいです。
ケメルマンを思い出して、主任が寡黙wという感じなのですが、イルカに何か思い入れが…?というところで気付いてしまいました。
そうか、この主任、イルカとデキていたな!主人公の母親はきっとイルカ(元オス)ですよ。
魚の世界では性転換は日常ですからね!(※イルカは魚ではありません)
この1文だけでそこまで妄想できるとは燃費いいな私の脳。
昨日は最初のエリアの半分回るので精一杯でしたので、今夜また続きをやってみようと思います。
posted by kaira at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

「なんだって?」シリーズ

3周目にもなるといろいろ間違っていた認識がわかって参ります。
アニメは録画を見直すということができるので確認ができますが、ゲームはテキストの読み返し機能がないとやり直すしかないんですよね。
要所は直前のセーブデータをとっておいたりしているのですが、ツンデレドルフィンたんの「なんだって?」シリーズとか忘れてしまうんですよね。
そういえば記録すると言って忘れてましたので、昨日せこせことメモ取りました。
自信の無いところもありますが、間違っていたら後でこっそり訂正します。

■ツンデレドルフィンたんの「なんだって?」シリーズ
→静かの海
「ロマンチックな呼び名という意見には賛成です」「そうか…賛成してくれるか」
これは「なんだって?」シリーズではありませんが、一番最初に海域の説明をされた時データベースIDを教えてくれて、主人公が「こっちはロマンがないな」と言われていたところです。
ドルフィンたんが「ロマンチック」ですよ!可愛いですね。
そして賛成してくれるドルフィンたんに主人公もしみじみしてます。
→マンタ
「……うらやましい」
→マンボウ
「なごみます」
→ヒナの裏庭
「美しい…」
この後徹底的に発言を否定してます。恥ずかしがらなくてもいいのに、可愛いですね。
→ダンガロア山深海
「……闇がひろがっています」「不安なほど、まっくらだ」「同感です、キャプテン」
主任のような思考ではなく、怖いんですよ!わかってあげなくちゃ!
→トラフグ
「許せない…」
ドルフィンたんの後ろに傷を!こっちも許せませんよ。
主人公も「……お大事にな」と珍しく気を遣ってます。
→ホホジロザメ
「……すごい迫力です」
これもそうですが、どれもその後の言い訳が言い訳になっていないところが可愛いですね。
大きさを測定してみたのはわかりましたが、その結果に対して感想を持ったというところが重要なのに、何故それを隠すんだドルフィン。

■その他
メインエピソード「遭遇」でビルに融合に誘われて海の画面がフラッシュバックする時、最後にドルフィン1号が写りますよね。
あれの存在を今まであまり覚えていなかったのですが、良く考えてみるとやはり「ドルフィン号を残して行くのは嫌」と考えたのではと勝手に妄想しております。
まあ、その前に「私は行けない」と言っているのですけどね。
どうせなら2号が写れば良かったのにと思いましたが、2号の画像ってあまり無いですし、ただ2号が写るだけではビルと1号の関係と結びつけられませんですからね!
2号を1号のように悲しい状態にしたくなかったんですよそうに違いありませんそう決めました。

他に、ドルフィン1号のところに行くと、2回ほど会話がありますね。
「悲しいのか?」の時と「大丈夫か?」の時ですが、両方とも主人公がすごく気遣ってます。
「そろそろ行こうか」と離れようとしてるのにプレイヤーはいつまでも放れないという可哀想なことになってます。
この時、ビルのログも1つ解除して(#023-66)(←兄さん!ロロ!プレイヤー心の声)ドルフィン1号にも声が聞こえていたということが判明するのですね。

■現在のセーブデータ一覧
セーブデータ01:メインシナリオクリア直前
セーブデータ02:アクアライブラリ100%シンガー攻略
※最初にやったトロフィー用メインデータです。
セーブデータ03:彼女の想い直前
セーブデータ04:2回目クリア
セーブデータ05:3回目攻略中
※「ティキのルーツ」と「海賊達の酒宴(?)」進行中。
セーブデータ06:家族のデータ
セーブデータ07:メインシナリオクリア直後
※クリア直後を残しておくと、上記「なんだって?」シリーズをいつでも見られるのです。

拍手押して下さる方々、いつもありがとうございます。
posted by kaira at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ベヨネッタ+アクアノーツホリデイ

3周目始めたのですが、もうメインシナリオをクリアしてしまいました。
ベヨネッタwとかやりながらなので(これもVERY EASYモードでクリアしました)、脳内で混ざってしまったりして大変です。

※ベヨネッタとは
お色気メインのファンタジーアクションアドベンチャーで、ジャーナリストさんが出てくるのです。
主人公のベヨネッタは魔女で怪力でナイスバディでくねくねしたセクシーお姉さん(500歳)です。
舞台の20年前、とあるジャーナリストが海中で棺で眠っていたベヨネッタを見つけて開けてみたら、いきなり何者かに襲われて死んでしまった過去があるのです。
記憶喪失な主人公の目的は自分探しwなのですが、アクションはかなりハードです。
敵は天使(姿は化け物)で、17禁だけあってかなりグロいデザインです。
やられっぷりも血しぶきや切断面見えたり拷問台だったり、主人公は全裸になるしで、あらゆる意味でPS3の限界にチャレンジな愛すべきバカゲーです。

という訳で、ベヨネッタを発見したジャーナリストがアクアノーツの主人公だったら…というネタで書いてみました。
本当は漫画で書きたいのですが、アクアノーツの主人公の顔とか設定無いので難しいんですよ!
自由にデザインし放題じゃないかという声もあるでしょうが、自分でオリジナルなデザイン考えるの苦手なんです…。
とりあえず思い切りネタバレですので回避したい方は読まない方が良いです。

ベヨネッタ+アクアノーツホリデイ

主人公(以下主)「何か石の箱があるぞ。棺のようだ。開けられるか?ドルフィン号」

ドルフィン2号(以下ド)「イエッサー、キャプテン」
ベヨネッタ(以下ベ)「(目覚めたと思ったらいきなり敵かよ!『私は誰?』とか言ってる暇ねーじゃんよ!)トーチャーアタック!」(←本当はこんなに口悪くないです)
そこでドルフィン2号が軋む音が!
主「何だ?何か音がする!」
ド「何物かに引き裂かれようとしてます。この程度の力なら等分影響ありませんが、このまま続けば破壊する危険があります」
主「ありますじゃなくて逃げるとか藻掻くとか何か対策は無いのか?」
ド「周辺の生物とコンタクトをします」
グラーバーソナーをドルフィン号自ら鳴らすと、あちこちから同じメロディーが!
ミームプールに次々と赤い液体が流れ込み、一杯になる。
主「なんて言ったんだ?」
ド「キャプテン、ミームパネルを開いて下さい。詳細は後で説明します」
主「わ、わかった。開いたぞ」
ド「一つめのセットしたミームプールを外して下さい。その下にもう一つセットできるようになっている筈です」
主「おお、本当だ。二重底になっていたのか。よし、セットしたぞ」
モニターに「EMERGENCY」と「LEVEL UP」の文字が現れた。
主「どうしたんだ?」
ド「魚雷が使えるようになりました」
主「ぎょ…!?」
ド「魚のアイコンになるまでSELECTを押して下さい。アイコンが魚になったら△ボタンで魚雷を発射します。ターゲティングするとホーミングします」
主「わ、わかった。やってみる。…って!敵が見えないんだけど!」
ド「ターゲティングできない場合は当たりを付けて発射できます」
主「闇雲に撃てということか!仕方ない、命には替えられないからな」
攻撃はあらかた命中して敵は一掃された。
ベ「素人にしてはやるじゃない」
主「おかげさまで。あなたには敵が見えていたのですね。私たちは何に襲われていたんでしょう」
ベ「あなた方の言うところの天使よ。じゃあね」
主「天使!?ってちょっと!……消えた?」
ド「辺りに生命反応はありません」
主「なんだったんだ?(天使が人間を襲うなんて…堕天使か何かだったのだろうか)」

ド「敵と想定された物も生命反応はありませんでした。まだ危険が存在している可能性もありますので、キシラベースに帰還することをお勧めします」
主「わかった。アクアヘブンに帰ろう」
ド「イエッサー、キャプテン」
主「そういえばさっき魚達になんて言ったんだ?」
ド「はい、『オラに勇気を分けてくれ』です。この言葉を言うと周りの生物が力を貸してくれるという言い伝えがあるらしいです。ミスター・グラバーから聞きました」
主「『助けてくれ』じゃだめなんだろうか(ビル…相変わらず謎の多い男だ)」

−完!−

すみません。ここまで読んで下さってありがとうございます。
ベヨネッタは演出がちょっとギャグに見えるところもありますが、基本シリアスです。
アクション好きならとても面白いと思いますし、苦手な人もEASYモードなら結構サクサク進めます。
家族の前でやるにはちょっと勇気の必要なゲームかもしれませんw
お勧めです。
posted by kaira at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

プレイ3回目

NEWGAMEも3回目ですw
最初にやっていた時とはまた違う感想を持ちます。
先を知っているのでサクサク進みますが、やはりどうしてもストーンサークルのところでは詰まりますね。
シンガーとのコンタクトのことしか言わないので、あまり北の浅瀬まで行かないんです。

ウケたのは、神々との交信のあたりで遺跡を探そうとしている時、ジェシカが変なこと言うのです。
ジェシカ「ちゃんとあの子のこと可愛がってくれてる?」
主人公「ああ、彼には世話になっているよ」
ジェシカ「違うわよ、逆でしょ、逆!」

というようなこと言っていて、なんだかすごく良く聞く会話に聞こえました。
逆って!ナビゲーターなんですからドルフィン号に世話になっているのは当たり前だと思うのですが、何故ここで「逆」なのかわかりません。
ドルフィン号にお世話してあげるのがジェシカにとっての正解なのでしょうか?そちらの方が普通に逆な気がするのですが。
1号にはビルがいたのに、2号はせっかく作ったのに乗る人が今までいなくて寂しいという様に考えていたのでしょうか。
なんだかジェシカに親近感を感じました。

ここでは主人公は遺跡に夢中でジェシカの言うことを殆ど聞いていなくて、華麗にスルーしてしまうのですが、2回目以降でドルフィン号がデレることを知っていると、可愛がってあげて!というジェシカの気持ちがすごくわかります。
自分も1周目ではこのあたりの会話真面目に読んでいなくて、遺跡のことばかり考えておりましたw

拍手押して下さる方、ありがとうございます。
こんなマイナーゲームのサイトですが、読んで下さってありがとうございます。
posted by kaira at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

ビル×ドルフィン1号

また茨な道を行きます。
唯一公式悲恋なドルフィン1号さんですが、やはりここは捏造サイトとして幸せにしてあげなくてはいけないと思うのです。
と言うわけで、ビル×ドルフィン1号です。
「ひとりにさせてすまない」「いいの」みたいなレイ×シノな感じで!
なんだかレイシノの影響でドルフィン1号さんがシノさんな感じになってしまいました。
いや、なんとなく地味なイメージなんですけどね。ツンデレではない気がして健気受け系で。あ、受けというか女性なんですけどね!
わーいノーマルカプだ!
普通の腐女子はビル×主人公とかその逆とかになるのでしょうか??
腐女子に普通も何もとかのツッコミは無しです。腐通とかいったりして。

ドルフィン1号
do1.jpg
ビル×ドルフィン1号
birux1.jpg

なんかこうカップルが二組というのは落ち着きます。
グループ交際ですね。清純な感じ!清純ではありませんけどね!
1号と2号は色違いで外観は一緒なのですが、擬人化では少し変えました。イメエージなのです。

記事にはあまり関係の無いメモ書きです。

「静かの海」ID:42115691
「しらべの海」ID:42115692
※離岸流(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E5%B2%B8%E6%B5%81
※オルゴールの曲はやはりエンディングでした。
posted by kaira at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

キャプテン×ドルフィン2号ネタ

続きを別にしないで数えて第5回目くらいでしたでしょうか。
今までのお話は全て時系列的に同軸上ではありませんが、順番としては続きになると思います。
今回、本番はありませんが、微エロ風味ですので、そういうのが苦手な方は絶対にご覧にならないで下さい。
ちゅーくらいしかしておりませんので、あきらかなホモ描写は無いつもりです。
でも真面目に恋愛ものなのでご注意下さい。

夢ネタの続き
posted by kaira at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

魚占い2

魚占いの続きです。
今回は地の文無しで会話のみです。どれが誰の台詞なのか分かりますでしょうか…。

魚占い2

「ハーイ!どう?調子は」
「こんばんは。ミス・ポーター。どうしましたか?こんな夜中に」
「ちょっと様子を見に来たのよ。あのジャーナリストさんと何かあったの?」
「何かとは何でしょう」
「喧嘩でもしたのかと思って」
「喧嘩というものではないと思います」
「じゃあ何かしら。いつもと雰囲気が違ったのよね」
「私がキャプテンの質問への回答を拒否したので気分を害したのではないかと思われます」
「まあ!珍しいわね。回答が不可能なんじゃなくて拒否というのも。何を聞かれたのか聞いてもいい?」
「……私が誰を好きなのか質問されました」
「ブッ!直球ねぇ!そっかー、そんな事聞かれちゃったのね。もしかして魚占いの話題で?ごめんね、余計なこと言っちゃって」
「いいえ、魚占いは私が頼んだことですし、キャプテンが気分を害した原因ではないと思われます」
「ありがとう。でも彼は気分を害したのじゃなくて、答えにくい質問をしてしまったことを後悔しているだけだと思うわ。私が謝ったのはあなたを悩ませてしまった事よ。もっと素直に答えても大丈夫だと思うわ。彼もあなたのこと大好きだから」
「え」
「私の見たところ、あなたのことを相当意識してるわね。あなたに誰か好きな人がいると知って気が気じゃないのよ。自分より相応しい相手だったらあなたの幸せのために身を退いても良いとまで思っているに違いないわ。奪っちゃうくらい積極的になってもいいのにね」
「しかし私は人間ではありません」
「バカね!恋愛に種族も身分も年齢も血の繋がりも性別も障害になんてならないわ。恋の炎を燃え上がらせるスパイスにはなってもね」
「は、はい…」
「いい?疑似とはいえ人格を持って生まれてきたのよ。あなたには幸せになる権利があるの!ロボット三原則がなんだっていうのよ。心があるのに差別されるなんてあり得ないわ。あなたも遠慮なんてしてたら幸せ逃しちゃうわよ。権利があるからにはそれを行使するためには努力が義務よ」
「………」
「そうだわ!あなたに良い資料(各種恋愛小説)を貸して上げるわ。良く読んで頑張ってね!」
「ありがとうございます」
「まあ、調査はこの先まだまだあるし、二人にはどういう関係だろうと仲良くしていって欲しい訳よ」
「分かりました、努力します。ご協力感謝します。ところで何故あなたには相手が誰なのかわかったのでしょうか」
「こういう事はね、気付かないのは当事者だけって相場が決まってるのよ」
「そういうものですか」
「そういうものよ」

ドルフィン2号のデータベースが更新されました。
−完!−

ここまで読んで下さいましてありがとうございます。
この後、最初のお話(アクアへブン)に続きそうな感じです。
しかし最初のお話は既に仲良しなので、このルートは通ってなさそうな感じです。きっとフラグが違うんですね。
しかしその後告白しあってめでたしめでたしなのは同じです。
同じシーンを繰り返してもなんなので、次回はそのずっと後のお話になると思います。
時系列がバラバラなのでそのうち整理したいと思います。
posted by kaira at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚占い1

魚占いネタで最初のお話(今見たらアクアへブンというタイトルが付いてました。今思い出しました。そして自動変換で「アクアへ文」と…「へ文」……)より前のお話です。
片想いでモヤモヤしてる頃が一番テンション高くて辛いけど楽しい時期ですよね。
少し長いので前後編に分けました。しかし分けた意味はあまり無くなってしまいました…。
追記からどうぞ。

魚占い1
posted by kaira at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

アクアノートの休日(1作目)

book1.jpgbook2.jpg
昨日、家で昔の書類を探していたら、1作目のガイドブックが出て参りました。
うわ〜、懐かしい〜と言いながら見てみますと、やはり綺麗ですね。
攻略本ではなく、イメージブックのような、見応えのあるムック本という感じです。
本物の海の写真や水族館の風景など、デザインがとても素敵です。
こんな感じで今回の「隠された記録」もムック化して欲しいですね。ドルフィンたんの写真ふんだんに!
まあ、今はサイトがあるのでそちらだけで満足という方も多いと思われるので、本という形で出すのも難しいかもしれませんが、サイトとはまた違ったまとまったデザインというのも雰囲気にはまれていいんですよね。
しかしサイトのドルフィンたんのプッシュっぷりはすごいです。まるでメインヒロインの様な扱いです。
表紙と潜水艦(ホリデイ号)の写真をUPしておきます。添付メール投稿が初挑戦なのでうまくできるかわかりません。できなければ後程修正します。

しかし昔のはポリゴンが少ないというか、カクカクした外観ですね。
魚も画像は荒いですが、音に反応してくるりと回る様は可愛らしかったです。
そういえば1作目の主人公は心の病だったんですよね。
過労で精神的にダメージを受けて休職中に、海中探索の任務を受けているという設定でした。
ですので無期限無目的なのです。
2作目も無目的だというお話ですが、やったことがないので、今から中古でも探そうかと思ってます。

海中探索ゲームで他にもWiiからフォーエバーブルーとか出ているようですが、あれはどんな感じなのでしょう。
興味はあるのですが、イルカ調教とか水族館とかやり込み要素が多すぎて自分にできるか躊躇しております。
宝探しは好きなので、そういうものなら良いのですが、多分今回の隠された記録ほどやり込みはできないなあと思います。
あまり探す対象が多すぎるとやる気無くすんですよね。シンガーでもヒーヒー言ってるのにw
潜水艇でなく人がそのまま潜るというのも怖いですね。サメとか来たらどうするのでしょう。
HPとかダメージあるのでしょうか。
アクアノート1作目は、魚とぶつかると友好度が下がるというか、音に反応してくれなくなるような減点要素があったそうです。
3作目でそんな要素があったら、ドルフィン号との友好度がガンガン下がりそうなほどぶつけまくってます。
とりあえず萌えキャラがいそうならやってみたいと思います。基準はそれかいという感じですが重要要素ですよ!

そしてイルカの調教というとドルフィンたんの調教!?とか思ってしまうあたりヤバイです。
今、モーレツにドルフィンたんに「ご主人様」って呼ばせたくなって参りました。
「わかりましたご主人様」とか言ってくれたら倒れるかも。

ところでそのドルフィンたんの声のイメージなのですが、ガンダム無双(Special)に出てきた武者ガンダムMark-IIの声(福原耕平さん)なイメージなのです。
この武者ガンダムMark-IIといいうのも個人的にかなりの萌えキャラで、武者ガンダムのことを「我が主殿(あるじどの)」とか言って従ってくる様はとても可愛いです。
ここから先はネタバレになってしまうのであまり書けませんが、超萌え展開です。
私的には武者×Mark-IIです。ふふふふふ。

話が反れまくって、1作目の話でしたのに、関係のない無双萌え話になってしまいました。申し訳ありません。
隠された記録のガイドブック発売して下さい!というお願いでした。
posted by kaira at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ビルからの贈り物

またまたくだらない短編を書いてしまいました。
ピンクの海クリア後です。
ビルからの贈り物
posted by kaira at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

2週目クリアしました

主任の愉しみをクリアして、2週目も全エピソードクリアしました。
ドラクエのようにレベルアップしないとクリアができないという訳ではないので、先を知っているのでサクサク進みました。
後はメッセージというか会話を見るかどうかなので、もう一度最初からやりたくなりましたw
そういえばダンガロア山の麓に潜って行ったら、深いところ暗くて不安になるなという主人公の意見に同意してくれました。
ドルフィンたんも暗いところ怖いんだ!
ドルフィンたん可愛いよドルフィンたん。

そういえば「美しい…」はマナティではなくヒナの裏庭に行ったらでました。
そしてマンボウかマンタか自信無かったのですが、マンタが「うらやましい…」でした。

見たかったのになかなか見られなかったフグに囓られたメッセージ見られました。
しっぽ囓られて「恨んでやる」というドルフィンたんに「お大事に」というのがいいですね!
カツオノエボシを発見した時の「ダイビングの時は気をつけて下さい」というドルフィンたんの心遣いだけでも和みます。
他に何か面白いこと言ってくれるところありませんでしょうかね。

ところでワイズラボってアクアヘブンにある訳じゃないんですね。良く見てなかったのですが、地理が良くわかりません。
他に職員40人と言ってましたが、あのベースにあるのではないのでしょうか。
じゃあもしかしてあのアクアヘブンにはドルフィンたんと2人きり!?
いや、メンテの人とかはいると思いますが、出てこないですよね。
アクアヘブン状態ですね!!
まあ、書いてしまったのはもういいか!とか思ってますがいいですよね!
妙なテンションですが、ではまた!
posted by kaira at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

NaSUの謎

NaSUはどうやって回収しているのでしょう。
自動航行なら発信されてくる信号を頼りに、というのはわかりますが、物理的に離れている物を一瞬で回収するというのは不思議です。
実は回収はすごく時間がかかっているということでもいいのですが、自動で戻ってきているということになるのでしょうか。

そこで考えたのが、NaSUに向かってドルフィンからマニュピレータがびよ〜んと伸びているのではないかということです。
回収する時は本体固定でNaSUを持って腕を戻す。
自動航行する時は手を固定して、本体を移動させながら腕を縮めている。
というのはいかがでしょうか。
本体の中にはぐるぐるにまとめられた腕がいっぱい。
…下らなくてすみません…。
posted by kaira at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AQUANAUT'S HOLIDAYサントラCD買いました!

アマゾンのレビューの評価が良かったのと、試聴できたので購入しました。
オープニング、歌詞がありました。オリジナル言語だったのですね!
字幕は詩に合わせてポエムでも流れているのかとも考えましたが、やはり日本語訳でした。
ア行ラ行カ行で構成されている言語っぽいですが、モデルはポリネシアの言語なのでしょうかね。
曲というかコードがハワイアンっぽいですよね。
気になったのは、歌詞の中で「名前は大事」みたいなことを言っていたのですが、主人公って名前出てこないんですよね。
ビルも「本名じゃないけど、んなことどーでもいい」みたいなこと言ってました。
ドルフィン達も1号、2号で、本名と言っていいのか微妙です。
ドルフィン2号はどこかで「2号って呼ぶな!」みたいな事言っていたらしいです。
主人公は「ドルフィン号」と呼んでましたが、呼びかける時はどうなのでしょうね。
そして主人公の名前…もしかして決めてなかったりして。

オリジナル言語と言えば、メインエピソード「声」からガンガン流れてきた怪しい声も、何言っているのかさっぱり聞き取れませんでしたが、あれもオリジナル言語だったのかもしれません。
ほにゃほにゃ何か言っているか英語だろうと思っていたのですが、オリジナルなら何言っているのかわからなくても当たり前ですよね!

各海域のBGMもあったのですが、シンガーを探すためにBGM小さめにしていたので、こんな曲だったのかー、とじっくり聞けました。
啓示の海とか祈りの海とか、曲怖いですよね。
静かの海はすごく海中のBGM〜という感じがして、全編こんな感じかな、と思っていたのですが、調べの海は意外と可愛くて、こんな感じもいいなと思っていた矢先、いざないの海でなんか怖いんですよ。
アトラスの柱はどんな曲が流れていたのかもう覚えていないのですが、全部の海域にそれぞれ全部ある訳ではないようですね。
個人的には世界のヘソの軽快な曲にはほっとします。
アクアヘブンの曲や魚占いの曲を聴くと、帰ってきた気がして和みます。

「彼女の想いで」というドルフィン1号と出会った時のBGMなのですが、1号の鳴らす音って曲の旋律と同じだったのですね。
もちろんソナーの音は4つしかないので全メロディーという訳にはいきませんが、冒頭の8分音符4個の繰り返しが似てます。
芸が細かいなあと思いました。

エンディングもしっかり歌詞と日本語訳載ってます。
BGMを切っていて聞けなかった方に朗報w

そしてボーナストラックは「海の贈り物」です。
ここで書きました酔っぱらいネタのタイトルはここから取りました。
あそこのBGMがこれなのです。
もしかしてBGMってドルフィン号が選んでた?とか歌ってる?と疑いたくなる曲です。
他の曲との落差がwでも実はお気に入りで車の運転中一番繰り返し聴いていたりします。

オルゴールの音が入っていなかったのはちょっと残念です。調べの海のBGMと重なって良く聞こえなかったので、じっくり聴きたかったのです。好きな感じの旋律でした。
ディスク型オルゴールって時代的にもきっとクラシックなのだろうと思ってましたが、意外とポップス調で違和感があった気はしましたが。
しかし今思い返せばもしかしてエンディングの曲に似てたかもしれません。帰ったら確認してみようと思います。

他にも水の効果音や情景の曲がいろいろあって、聴き応えのあるアルバムだと思います。
試聴できるサイトがあった筈ですので、(今できないので)検索して探してみて下さい。
興味を持たれた方は是非購入して聴いてみて下さい!
posted by kaira at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

AQUANAUT'S HOLIDAY進行状況

なんと言う事もないプレイ日記です。
もうクリアしてしまったので日記も何もないのですが、2週目に突入しましたので萌え日記でも始めようと思います。
現在あるセーブデータについて紹介致します。いえ、紹介されたからどうと言う事はないのですが、紹介してみたいものなのです。

■セーブデータ01
初プレイの遭遇直前(クレバスに入る前)で止まっているデータです。
エンディングを見るためのデータです。

■セーブデータ02
ミームの木イベントをクリアして、アクアライブラリ全登録した、一番最初の一番進んでいるデータです。
ミームの木については、自分としてはドルフィン号たんと2人で育てよう(はぁと)なんて思ってますが、ドルフィン号たんにとっては淡々と「成長を待ちましょう」みたいに言ってますが、「他の魚と仲良くして溜めた液体…」とか嫉妬してくれたりしないかとほくそ笑んでいたりします。
一応シンガーもいずれコンプリートしようかとは思ってます。時間がかかりそうなので後回しです。

■セーブデータ03
2週目彼女の想い直前(ドルフィン1号を見つける前)で止まっているデータです。
ドルフィン2号と1号の会話を見るためのデータです。

■セーブデータ04
現在プレイ中の03の続きです。
大統領と新型爆弾をクリアしたので、そろそろ海賊の話に行こうかと思っているところです。

なんかこう見てみると、〜を見るためにセーブデータを取っておいたりするのって、まるでエロゲですねw
最近は見返し機能が付いていることが殆どでしょうが、こういうゲームにはありませんからね。
しかしスチルを取っておけるというのはすごくエロゲっぽいです…w
どうせならドルフィンたんの写真をガンガン撮りたいのですが、ドルフィンたんの中にいるので写真撮れないんですよね。
これは所謂ひとつの…

とんでもない事を書きそうになりましたので気を取り直して。
会話ログは無理ですが、会話発生生物(2回目とか)のリストを作りたいですね。
アメリカマナティ「美しい…」
マンボウ「なごみます」でしたっけ??
マンタ「うらやましい」
トラフグ「恨んでやる…」
とか!他にも面白いこと行ってくれる生物いますよね。
発見物は必ず会話があるので、その他ですね。
個人的には、クレバスに潜っている間、かなり深くまで来た時に「さすがに寒くなってきた」と主人公が思っている時、丁度「気温が下がりましたので暖房つけます」みたいなこと言ってくれるところが非常に萌えます。
寒そうだからぎゅっとしてあげる!という感じですよね!ハァハァ
妄想が広がります〜。
posted by kaira at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

海からの贈り物

相変わらずアクアノーツホリデイ(AQUANAUT'S HOLIDAY〜隠された記録〜)キャプテン×ドルフィン2号ネタでSSです。
今回はネタバレというかネタそのものなので、ミームの木をクリアしていない方でネタバレ避けたい方は絶対にご覧にならないで下さい。
ちょっとBLネタっぽい言動が出て参りますが、ホモという程ではありません。もちろんエロもありません。
そんな感じでOKな方のみお読み下さい。
海からの贈り物
posted by kaira at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアノーツクリアしました!

アクアノーツクリアしました!
と言ってもどこまでがクリアというのか曖昧なゲームではありますが、ミームの木を10本育てて、例の場所へ行って参りました。
そのネタでも今度何か書こうと思います。
ですのでここではこれ以上書きません。うふふ。

それから、アクアライブラリ全種コンプリートしました。
見つけるのが最後になったのは「ダルマザメ」です。
なかなか出現しない上、1匹しかいないなんて酷い。
もうこれで見つけられなかったら諦めると思っていたら、さえずりの海の深海に潜ったらすんなり会えて拍子抜けしました。
しかしもう新規で何か見つけて、キャプテンとドルフィンの漫才も見られないのかと思うと寂しいです。

あとはシンガーをコンプリートしてないのですが、どうしようかな…と悩み中です。
他の魚と仲良くして…!と、ドルフィンたんがヤキモチ妬いてくれないかなと妄想してます。

とりあえず萌え語りはこの辺で。
以下蛇足ですが前回の続きをちょこっと載せます。
ほぼキャプテンとジェシカの会話のみの文章とも言えない感じの文です。

ジェシカと漫才
posted by kaira at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

ツンデレ

先ほどのSSで「デレた後なのでツンデレはありません」と書きましたが、そういえばツンデレなシーンありましたね。
という訳でツンデレっぽい落書きです。
いいなあツンデレ。デレた後のツンがまた可愛いんですね。
tndr.jpg
前回の続きもそのうち書きたいです。
posted by kaira at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャプテン×ドルフィン

ちょ、ついに勢いで書いてしまいましたよ!
AQUANAUT’S HOLIDAY〜隠された記録〜の主人公×人工知能付き潜水艇です!!
以下の注意書きをお読みになり、ご了承下さった方のみ閲覧下さい。
下記の中での苦情を頂いても対応できませんのでご了承下さい。
既にデレた後なので、ツンデレ要素はありません。素クールという感じでしょうか。
結構長くなってしまいましたので、追記に書きます。

★注意書き★
全エピソードクリアのネタバレあります。バレ回避したい方はクリア後によろしくお願い致します。
ホモ、擬人化、恋愛ものが苦手な方はご遠慮下さい。
設定やログなどうろ覚えで書きましたので、間違いがあると思います。わからない部分は全て捏造です。自分で間違いを見つけたらこっそり直しますが、ご指摘は恥ずかしいので結構です…。
もともと字書きではありませんので、文章からして読みづらいと思います。申し訳ありません。
エロはないです。
それでもokな方はどうぞ!
posted by kaira at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。