2007年05月21日

グレンラガンの兄が…

長らくお休みしてしまいまして、申し訳ありません。週末はやはり更新難しいです…。
それはともかく、やっぱりというかもうなんだなというか、兄がアレですよ。ネタバレです。

やっぱりそうなんですか!噂では聞いておりましたが、本当にそうなるとは思いませんでしたよ…。
兄、死にすぎですよ、もうなんか荒みます。
命あったら〜語ろう真実〜♪乾いた大地は心痩せさせる〜♪とザブングルの歌が流れていることすら荒みます。
ねェんだよ、命がよ。と言葉遣いまで荒みます。
まあ、ある程度覚悟はしておりましたので、ショックはそんなにないのですが、軽く落ち込みますね。
シモンにはどうも萌えられないので、デコ目当てで見続けるかな…とテンション低いです。

兄弟と言えば、BBB(BLACK BLOOD BROTHERS)の7巻が出ていたのですよね。買ってきたのですがまだ読んでません。さっそく読まなくては!
兄弟はどうなったのでしょう。
ミミコは健気で良い子なんですが、弟を仲間はずれにしようとしているあたり、どうも好きになれないです。気持ちはわかるんですけどね。
弟が自覚が全くないあたり救われてるのですが、それだけにこちらは腑に落ちないというか、早く覚醒してしまえよと思うのですが、そうすると今度は兄がまたもうアレなので、救われない話ばかりでテンション下がりまくりですよ。

そんな時は映画版鋼の錬金術師を見るのです。あれは兄弟でハッピーエンドみたいなものですからね。これ兄弟ネタの同人誌でしょ、という感じです。
話自体は暗いのですが、兄弟一緒なので救われます。
アニメのハガレンについてはまた別の記事でじっくり書きたいと思います。思い入れがたくさんあります。
posted by kaira at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

兄弟合体グレンラガン

グレンラガンってすごいアニメですね。日曜日の朝から「合体」連呼ですよ。
意味が分からない方は、新明解国語辞典で「合体」の項(2)を見てみましょう。
4話の決め台詞のようにカミナが言っていましたけど、頭の四字熟語「兄弟合体」に変えた方がいいのではないでしょうか。
あまりにも(義)兄弟がラブラブなので毎回目が離せませんよ。
「生身でやっても意味無い」とか、生身で合体してるんですかあなた方は、と言いたくなりますね!
「アレはもうダメ!」とか顔を赤くしたりして、いったい何をやったんですかとツッコミを入れずにはいられません。
相変わらずあのアニメは「ドリル」「穴掘り」「兄弟」がキィワードですね。

そうだ!レイ兄さん主人公で「兄弟合体ヴォルケイン」とかいうアニメってどうですか。
コックピットが狭いので合体しながらでないと操縦できない…とかだとあまりにもアホっぽいので、23話の共闘状態(リモコン兄さん)がいいですね。「飛べ!鉄人!」みたいな感じで。
そういえばそういう絵を描きかけたのですが、時間がなくて完成できずに放置されてます…。
毎回ヴォルケインに合体させるような特殊な武器がでてきたりして、それはジョッシュが作った「メカの素」をヴォルケインに食べさせると出てくるんですよ!
もう無茶苦茶ですね。

そういう小ネタなら結構あるのですが、文や絵にするのはなかなかできないので、こんなところで小出しにしております。
posted by kaira at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

グレンラガンはドリルと義兄弟

新番組アニメのグレンラガン、噂で「兄弟」と聞いていたので見てみました。しかし、兄貴分のキャラが主人公に「兄貴」と呼ばせているだけでした。
しかし、ドリルですよ!レイ兄さん主役!?とか思ってしまいました。あんなにドリルが注目されるアニメはヤマト以来でしょうか。
いえ、宇宙戦艦ヤマトでドリルミサイルというのが出てきて大変なことになったので…。
ともかく、私的キーワードは「兄貴」「ドリル」ですよ!
きっとレイ兄さんがこのアニメに出てきていたら、生き生きとしているんでしょうね。
そうだ!どうもグレンラガンに親しみを感じると思ったら、ラングレンに似てるのですね。ラングレン+ガ(ン)でグレンラガンですよ!

この主人公義兄弟コンビに今後も注目です!!
兄貴分の「カミナ」は上、主人公で弟分の「シモン」は下らしいですよ!もうカプ決定ですか、それとも騎上位ですか。何を書いているのでしょう。でも兄貴分は攻めがいいなと思ってますよ。
ちなみにナイスバディの女が出て参りますが、ヨーコ(横)だそうなので、横でじっくり観察するといいですよ。

あ、他の兄弟物もチェックしているというだけで、このサイトがレイジョシュ以外になることは当分ありません。というか考えられません。

本日も拍手ありがとうございます!たくさん押して行って下さった方もいらしたようで、嬉しいです。頑張ります!
posted by kaira at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

セイントオクトーバーにジョッシュが!

登場人物に「ヨシュア神父」という人がいるんですよ!金髪くせっ毛で、青い目の綺麗なお兄さんです。見れば見るほどジョッシュっぽいです。しかも神父服。そして眼鏡っ子。
27歳だそうですが、その頃のジョッシュもあんな感じだったとしても不思議ではないですね!兄を亡くしたとかいう設定無いかしらん。
一応美形キャラになるのでしょうか。初め見た時、声を聞くまでは女性だと思ってましたよ。
幼なじみの探偵さんがヴァンぽくて良い感じです。既にカプとして落ち着いてしまっているのかと思う程の養殖っぷりです。

これはアニメオリジナルで漫画同時進行なのでしょうか。漫画版はとっても絵が可愛いです。アニメももちろん可愛いですが、衣装がいまいちゴスロリっぽくないような。動かすためにはあの程度の必要があるのでしょうが、せっかく「黒」ロリなのですから黒ずくめにして欲しかったです。
あ、でも神父が黒ずくめなので、画面が地味になってしまいますね。
今後白ロリや赤ロリが出てくるそうなので、そちらにも期待です。
ジョッシュも似合いそうですね。私もゴスロリ好きなのでいつか描きたいです。

タロットカードも結構好きです。
ジョッシュには「愚者」とか似合いそう(笑)!無目的ではないのですけれど。
ガン×ソードの物語中で占いをするとすると、8話「魔術師」12〜13話「運命の輪」24〜26話「死神」とか出てきそうです。
兄さんには「戦車」がとても似合います。
タロットカードも描きたいテーマのひとつなのですが、全部は難しいですね。好きなカードだけでも今度描いてみたいです。
posted by kaira at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

吸血鬼兄弟

主人公の兄さんが櫻井さんのアニメ「BlackBloodBrothers」終わりましたね。
ということはネタバレOKですよね。まあ、既に小説が出ていたのでネタバレも何もないかもしれませんが。
弟が恋人の生まれ変わりって!この後なんの問題も無く弟が覚醒したら、男同士で兄弟でもOKということですか原作者様。
腐女子としては大歓迎なのですが、兄が存在できるかどうかが問題ですね。同じ身体に人格がたくさん入ってたりしたらすごいですね。
最終回のEDが兄弟ラヴだったのでそれはそれで良しとすることに致します。
そういえば原作者がキャスト(その他大勢)にいらっしゃいましたね。ゲストな感じなのでしょうか。こういう趣向も面白いです。
原作の続きが気になります。

そうそう、原作はまだまだ続いているので、アニメもまた第2弾、第3弾と続くかもしれませんね。
最近のアニメは13話終了とかで、あっという間に終わってしまい、ファンの皆さんの熱が持続しなくて少し寂しいです。

ラングレン兄弟にこの吸血鬼兄弟のコスプレさせてみたいですね。ジョッシュに巨大ティディベアを背負わせて、兄さんの銃を忍び込ませるのです。
うわ、なんかこの兄弟すごく似てます。兄がシリアスに悩みやすく、弟が天然でウザイあたりが(笑)。
posted by kaira at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

「Quartett!」に兄さんが!

自分が持っているPC18禁ゲームがプレステ2ソフトに移植されているので手にとってみたのですが、なんと主人公の声が櫻井さんだったんですよ!
PSなのでえろシーンは無いと思います。

そのゲームとは、Little Witchから発売された「Quartett!」というゲームです。
このブランドの作品は絵が好きなので毎回買っております。音楽もいいです。
主人公はヴァイオリン奏者目指している音楽学校の学生で、すごい才能があるらしいのですが、お調子者なのです。兄さんの声でお調子者です。想像できません。
そうそう、このキャラには妹がいて、やはりお兄ちゃんなのです。妹は攻略対象ではないのですが。
買うべきなのか迷ってますが、ゲームの内容は知っていますし、声だけに6000円はつらいなあということで、今回は見送りました。
せめて女の子役で野田順子さんが出てたら買うのに(笑)とか思ってしまいました。
ユニ(ヒロインのひとりで、いきなり襲い受け)とか合ってそうだと思います。

PSになって声がつくパターンは多いのですが、まさか櫻井さんもやってるとは知りませんでした。
きっとBL系のCDとかには出ていらっしゃるのでしょうが、私はBLのCDというのが苦手で、一切手を出してないのです。
野田さんと共演している作品はないかしらんと探してます。

そういえば元のPCゲームの方は、櫻井さんはプレイしたのでしょうか。
posted by kaira at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

BBB兄弟愛アニメに兄さんが!

「Black Blood Brothers」というこの秋に始まったアニメがあるのですが、その吸血鬼の主人公の声が櫻井さんなんですよ!
そしてなんと主人公には金髪碧眼の弟がいて、超天然少年なんですよ!
弟をすごく大事にしていて、身も心も捧げちゃっている訳ですよ!躾は厳しそうですが(笑)。

あまり書くとネタバレになってしまうので、あまり突っ込んだ話は出来ないのですが、簡単にラブラブ兄弟になるはずもなく、切ない展開にハラハラです。
厳密に言うと兄弟ではないように見えます。吸血鬼としては兄弟なのかもしれませんが、現代日本社会としては兄弟と言うにはちょっとピンと来ないですが、まあ本人達が兄弟と言っているのですから兄弟ということにしておきましょう。
10歳の弟相手は犯罪でしょうか。主人公は確か20歳前後だった気がします。

しかし、主人公の本命は弟であって弟ではないというところがもどかしいのです。弟は天然なのでそんなこと気にもしないでしょうが、実際知ったらショックだろうな、というかショックを受けて欲しいです。
作品としての本命も弟ではなく、別にヒロインがいるのが気になります。人間のヒロインの子、あまり好みじゃないんですよね。いい子なのですが。

そして実は原作の小説を、文庫で出ている分全部読んでしまったのですが、担当さんが兄弟愛に興味がないらしいんですよ。BL好きの腐女子らしいのですが、他の大人の面々が好きらしいので、あまり兄弟に期待できそうもありません。
兄弟愛が見たいですvとか書いて、年齢15歳とか偽って今度ファンレター送ってみようかなとか思ったりして。

という訳で、今後の動向を期待している作品の一つです。
歳の差兄弟に興味のある方にはお勧めかもしれません。
↓アニメの公式サイトらしいです。参考までに。
http://character.biglobe.ne.jp/BBB/
posted by kaira at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

番外!怪〜ayakashi〜DVD鑑賞

すみません。櫻井さん繋がりで見始めて、DVDまで買ってしまいました。「化猫」だけですが。
ガン×ソードのお話ではないので、興味の無い方はすっ飛ばして下さっても結構です。
DVDの感想はやはりコメンタリになってしまうのですが、今回もネタはそのあたりです。

剣の声は違う方だったのですね!いえ、櫻井さんかと思ってました。
櫻井さんはご本人は結構テンションの高い方で、役を作るためにトーンを下げて下げて、と頑張っていらっしゃるようでした。クールな役が多そうなのに、本人とのギャップが大きいのって大変ですよね。ガン×ソードの時は、そういう雰囲気を作るためにあえてあまりおしゃべりしなかったようなことをヴァン役の星野さんがおっしゃってましたが、そういうのも必要なのかもしれませんね。しかしやはり声優ってすごいです。
そして仔猫の声はゆかなさんがやってらしたのですね。人がやってるとは思いませんでした。
猫の作画の方も、無類の猫好きの方だったらしく、愛が溢れてました。

ネタが重い話だったのですが、1話2話はテンション高くてキャピキャピという雰囲気もありましたが、ネタあかしの3話では皆さん茶化したり逃げたりしないで、真剣に語って下さったのが印象的でした。

今回のお話は、薬売りさんのシリーズ物の一部のような作りにする、と仰っていたので、もしかしたら続編とかあるかもしれませんね。その時は是非天秤さん達を商品化して欲しいです(笑)。
そうそう、薬売りの兄さんの耳が何故とんがっているのかはかけらも出てきませんでした。続編があったら語られるのでしょうか。
posted by kaira at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

零〜刺青の聲〜

いきなりゲームのお話です。
「自分だけ生き残ってしまった」と嘆く、大事な人を失ってしまった人達が迷い込む、「眠りの家」という廃墟を舞台にした、ホラーアドベンチャーです。
実は私は心霊ホラーものが大好きで、和風ホラーのこのゲームは思い切りツボでした。

ガン×ソードと何の関係があるのかと言いますと、主人公が「怜(れい)」と言って、婚約者を亡くしているんです。その婚約者を諦めきれずに悪夢に迷い込んでしまうというお話なのです。
そして実はこれは「零」シリーズの3作目で、1作目は兄妹のお話です。3作目には兄を求めて1の主人公であった妹が同じ悪夢に迷い込むのですが、まあその妹のお兄ちゃんへのラヴっぷりが尋常ではないんです。
そういえば2作目は姉妹ものでしたが、姉の妹に対する執着がまた普通ではありませんでした。
最近の私の兄弟萌えのきっかけかもしれません。

あまり最後のシーンについて書くとネタバレになってしまうので書けないのですが、主人公の亡くなった婚約者は、生き残った主人公に対して「生きていって欲しい」と切実に願っているのです。
シノさんはレイに対して生きていて欲しくはなかったのでしょうか。シノさんの場合は殺されたので、死んだという自覚がもしかして本人に無いかもしれません。それでしたら、レイが自分のところに来たら、まあ普通に戻ってきたと思ってしまうのかなあと思ったりもしなくはないのですが。

なんだかテーマソングを聴いていると泣けてきます。
「海の底にいるあなたにもし会えるなら、足を切り落としてもいい」というような歌詞(うろ覚え…)が、海の底に沈んでいると思われる兄さんを想っている弟に重ね…たらキャラ違いすぎますが。
ジョッシュが「眠りの家」を彷徨っていないことを祈っております。まあ彼は一度入って行っても普通に出てこられそうな強靱な精神をしていそうですが(笑)。
posted by kaira at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

怪ayakashiの薬売り兄さんその後

怪ayakashiの「化猫」完結しましたので、その後の兄さん感想です。一応ここはガン×ソードサイトです。念のため。

お話的にはエログロで、ちょっとお子様にはお勧めできない内容でしたが、兄さん、いえ薬売りさんの活躍は格好良かったです。厳密に言うと刀の活躍ですね。
あの刀の人はなんだったんでしょう。インテリジェンスソードのようなものでしょうか。声が同じでしたので、乗り移ったのかと思っていたのですが、別人っぽいですし…。マッチョな兄さんで、刀×薬売り!?と思ってしまいましたよ!!

加世さんとの絡みは案の定ありませんでしたが、最後までなんとか生き残りました。お札で守ってもらえて良かったですね。
続きを読む
posted by kaira at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

弟が告白!!

またもやガン×ソードとは直接関係のないアニメのお話ですが、ラングレン姉弟萌えしてしまったシーンです。なんだかシリーズ化しそうな感じです。

昨日、家族が録画していたらしい「タクティカルロア」というアニメを見ました。
いきなり告白シーンだったのですが、血は繋がっていませんが弟が姉に告白していたんですよ。私は弟×姉には全く萌えないのですが、瞬時にジョッシュが兄さんに告白しているシチュに脳内変換されました。これってある意味すごい技能かも(褒められないですが)。
親同士の再婚で突然姉弟ができてしまった、ひろしお兄ちゃん&亜美ちゃん(例えが古い)な二人です。
「姉さん(意訳してます。本当は『なな姉』と呼んでました)が好きなんだ!一人で苦しまないで、僕に姉さんを支えさせてよ!」みたいな、すごくジョッシュが思っていそうな告白でしたので、一人脳内で興奮しておりました。
アニメの内容は覚えておりません。すみません…。

私の脳内では、ガン×ソード最終回後、兄さんは生きているという状態でしか萌えられないので、ちゃんとした最終回後で萌えられる方がうらやましいです。兄さんもシノさんを失って、こんな感じだったんだろうなと思うと、誰も幸せじゃない、というどん底に落ちてしまいそうになります。
なので、ここでだけでも無理矢理幸せになれないかなと、暗中模索状態なのです。どんなラブソング聞いても、死んでしまったらお終いよね〜と卑屈になってしまいます。何故こんな終わったカプにハマってしまったのかと落ち込んだりもしますが、好きなんですよね〜。悪い男にひっかかった感じです(笑)。
でも私が幸せにしなければ誰がする!というキャシャーンに倣って幸せにするのです。ガン×ソードファン及びスタッフの皆様、歴史をねじ曲げたサイトでごめんなさい。

記事投稿が会社から何故かできなくなってしまったので、メールで投稿です。うまくいくでしょうか…?
posted by kaira at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

怪〜ayakashi〜に兄さんが!

ガン×ソードではないのでカテゴリ「その他」にしましたが、萌えはラングレン兄弟だったりしてワハハ。

夜中にやっているアニメで、「怪〜ayakashi〜」という、日本の伝統的ホラー物語アニメがあります。
お話毎にキャラクターデザインが違っていて、今「化猫」というお話をやってます。3話くらいで完結する感じの長さです。

で、何が言いたいとかと言いますと、その「化猫」に出てくる主人公の薬売りの声が、櫻井さんなんですよ。前髪というかもみあげ(?)が長くて、髪型もレイ兄さんっぽいです。ポニテではありませんが。
そしてまとわりつく元気な女の子(加世)がジョッシュっぽくて良い感じです。声は違う方なのですが、雰囲気が似ているように思えました。薬売りも気に入っているようで、助手(笑)として使ってました。
作中では良い雰囲気とかにはならないと思いますが、勝手に兄弟に変換して萌えてます。
兄さんとジョッシュが二人であんな感じで協力してお仕事してても違和感なさそうではありませんか。

その薬売りはレイ兄さんよりはちょっと(本当にちょっとだけですが)おしゃべりで明るい感じです。でもクールなナイスガイで、言うなれば素直クールというところでしょうか。
兄さんもあれくらい喋ってくれればいいのにと思ってしまいます。

そうそう、その薬売りさんは荷物の中にエロ本があった(笑)のですが、兄さんもやはりジングウの中に持ち込んでいたのでしょうか!?生活必需品はきっと揃っていたんですよね。洗濯物干したりしてそうです。
posted by kaira at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 他アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。