2007年10月11日

深紅のバトン

遅ればせながらバトンを頂きましたので答えてみました。
キヅキさん、ありがとうございます!
そしてここではほぼホモ前提ですみません…。

----------------

1.萌え属性を正直に告白せよ(妹属性とか眼鏡属性とか)

・兄×弟、兄×妹。姉妹は双子もしくは所謂「おねえさま」限定。
・主従関係(下剋上は告白とかならOK。従が攻めというのはノーサンキュウ)
・年の差(年上×年下で、受けがいいようにあしらわれているのがベスト)
・攻←受(受の片想い)
「片想いだと思っていたけど、実は両想いでしたー」というのは片想いに入りません。
実際に片想いだけど絆されるという過程が好きなのです。
・数字萌え
・理系、技術系
・長髪
・精神的リバ

基本的に上×下です。

2.萌え衣装を答えよ(メイド服とか背広とか)

・メイド服(ロングドレスの裾を口に銜えるのがいいのです)
・ゴスロリ(Victorian maiden好き〜)
・聖職者、魔法使い系のローブ等ファンタジーな服装
・サイハイソックス(thigh high socksであって最ハイソックスではありません。所謂ニーソ)
・白衣メガネ(メガネは安全メガネだとなお良し)
・半脱ぎ(袖だけが引っかかっている状態とか!)
・足首ぱんつ(見えてはいけないのです)

チラリズムや立場を表す職業服が多いです。立場萌えなもので。

3.萌え小道具を答えよ(眼帯とか銃とか)

・魔法の杖(インテリジェンスソードとかでもグー!)
・拘束具(ロープでも包帯でも首輪でも可)
・水(シチュとかに利用しても可。イメージ的なもので)
四大元素で水は愛を象徴してます。受け身であるのです。火×水萌え。

4.萌え仕草を答えよ(受けでも攻めでもいいときめく仕草)

・背中から抱きしめる
・攻めが受けを抱っこ
・攻めが受けの髪を梳かしている
・受け攻めに拘らず吸血行為
・スカートの裾を銜えたり、足首ぱんつはこちらに入るのでしょうか。
舐めるとか銜えるとか、口に何か入れるのが好きらしいです。

5.萌え場所を答えよ(海とか山とか)

・教会!背徳的!
・宿屋とか自室
・お風呂
・テーブルの上に寝っ転がるというのもロリ限定で
・ダンジョン
・海(水中でも水辺でも)

6.バトンを回す五人。

すみません、ほも許容範囲の知り合いが少なくて…(汗)。
見かけて、やってもいいと思われた方は是非答えてみて下さい。

----------------
以上です。
萌えプレイとか萌え体位とか無くて良かった(笑)。
久しぶりに質問系を答えて楽しかったです。
バトンを下さったキヅキ様、ありがとうございました!
posted by kaira at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

捏造ゲーム画面

調子に乗ってます。画像無断加工申し訳ありません!ネタですのでお許し下さい。

http://angelfish.up.seesaa.net/image/game2.jpg

昨日(いやもう今日か)シナリオを捏造していて、そういえばここもルート分かれるわ!と思い直して、そんな画面を作ってみました。
相変わらず枠とか味気ないです。
プレイヤーキャラ(PC)アイコンを枠内に置いてみました。
PCってあまり画面には現れないので、どんな表情をしているのか、常時欄外に描かれているというゲームも少なくないですよね。
そんな感じのイメージです。
や、もちろん普通に主人公の立ち絵があるゲームもあります。

この分岐では、下の「ボクが好きなのは兄さんです」を選ぶと、今までのフラグ数によってはレイジョシュルート確定ですが、フラグが少ないと幕間劇風ギャグシナリオになったりします!
ここ↓につながる訳ですね。
http://angelfish.ddo.jp/~palna/mp/ss/0-1.html

さすがにそろそろ立ち絵とか自分で描いたものを用意しないといけませんね。
だって原作の絵で見てみたかったんですもの〜。

昨日も拍手頂きました!ありがとうございます。
posted by kaira at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛アドベンチャー

ゲーム画面を合成してみました。
凝ったデザインではなく本当にそれっぽくしてみただけです。
しかもユキコさん切り貼りなのでスケール違うっぽいですが、お気になさらず…。

http://angelfish.up.seesaa.net/image/game.jpg

という訳で、今回は「兄さん攻略恋愛アドベンチャーゲーム」です。
あったらやってみたいというか作ってみたいのですよ。

このシーンって結構重要な選択肢だと思うんですよ!
もちろん上の「先にカルメンのところへ行く」を選ぶと原作通りに進みますが、下の「食事をしてから行く」を選ぶと、ユキコは去って2人で食事をすることになります。
以下妄想シナリオ(笑)。

----------------
内容を読む
posted by kaira at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ウサミミな人々

先日は他サイトの方のせいにしたような書き方をして、不快にさせてしまったかもしれません。申し訳ありません。
私が自分の勝手で描いたものですので、巻き込むつもりはありませんでした。
悪ノリしすぎたかもしれません。
聖域に腐臭をまき散らしてはいけませんね。腐女子がどのような目で見られていたのか忘れるところでした。いけない、いけない。
はしゃぐのはこのサイト内にしておこうと思います。

と言う訳で、気を取り直して8話で合成2コマ再びです。
前回と同じコマですが、合成画像と台詞が違います。
http://angelfish.up.seesaa.net/image/2koma.jpg

ウェンディはきっとうさみみ似合うでしょうね。
貧乳でバニーガールの衣装着て、胸がスカスカでむくれるウェンディとうっかり見ちゃって内心ドッキンコなヴァンを妄想しました。
posted by kaira at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

レイシノ

女装ネタで兄さんが可哀相すぎたので、兄さん救済を考えたのですが、原作が一番幸せじゃんかよ兄さん、ということで終わりそうなので、あえて「シノさん死ななかったバージョン」を考えてみました。
うちではきっと最初で最後のレイシノです。私がやらなくてもレイシノの方はたくさんいらっしゃると思うのですが、「レイは都合の良い棒じゃねェ!(マイブーム)」という心の声が聞こえてきそうなので、自分にフォローです。
まあ、これで救済とか言われてもレイ兄さんは嬉しくないと思いますが。そして兄さんへのフォローではなくて自分へのフォローなので、結局兄さんにはかけらも救済してないことに…。兄さん、ごめん!!
あ、内容はト書き風でSSでも小説でもなんでもありません。そしてギャグです。

----------
かぎ爪の協力で開発されてきた光学兵器だが、真相を知ってしまったシノはかぎ爪に協力しなかった。
開発室の責任者シノとかぎ爪が言い争っている。
シノ「産業の役に立つというから開発してきたのに、人殺しに使うと言うのでしたら協力できません」
かぎ爪「いやですね、人殺しだなんて、そんなつもりはありませんよ。暴力で反対してくる方々にお友達になってもらうために使うのですよ」
シノ「人の命の価値を見出せない人の言うことを信じられるものですか。今まで援助して下さった分は時間がかかってもお返し致します。どうぞお引き取り下さい」
かぎ爪「今は信じられなくてもいずれわかる時が来ます。どうぞ私の元に来て下さればわかります」
シノに近寄ってかぎ爪で抱きしめようとする。
レイ「おい、シノに指一本でも触れてみろ。ただではおかない…!」
この時はまだ銃を使うことはなかったレイが体を張って間に割り込む。
かぎ爪「私の胸に飛び込んでくるとは積極的な方だ。どうぞいらっしゃい」
標的をレイに移して抱きしめようとするかぎ爪。
そこへどこからか勢いよく突っ込んでくる影が!
ジョシュア「ちょっと待ったぁ!そんな手で人に触ったら危ないじゃないですか!兄さんから離れて下さい!」
かぎ爪「おやぁ?今日はたくさんの人に抱きつかれますねぇ。光栄ですよ」
しかしジョシュアの怪力はかぎ爪の抱擁も振り払った。
ジョシュア「誤解しないで下さい!ボクが抱きつくとしたら兄さんかシノさんだけです!」
ジョシュアの叫びをさらりと流してシノは説得を続ける。
シノ「私たちの研究は人の役に立つためのものです。大儀のためとは言え、人を傷つけるために使うことは本意ではありません。ご理解下さい」
かぎ爪「…仕方有りません。出直しましょう。しかし、いずれ本当にあなた方のため、人の役に立つためのことなのです。また参りますよ」
ひとまず帰って行くかぎ爪。

ジョシュア「なんか知りませんが、兄さんとシノさんが反対してるなら悪い人なんですね!追い払えて良かったですね!」
シノ「ジョシュアくん、ありがとう。でも危ないわ。レイが守ってくれたから大丈夫よ」
レイ「そうだ、お前はまだ子供なんだからあんな危ない奴の前に出るな」
ジョシュア「むっ。ボクはもう子供じゃありませんよ!ちからでは兄さんに負けない自信があります!」
と、そこへふらりと近寄る影が。
ヴァン「すみません、何か食べるものとミルクを…」

完!
----------

あっとヴァンが不幸のままです!でもヴァンにはウェンディもプリシラもカルメンもいるからいいですよね。
ジョシュアおいしいとこ取りで申し訳ないです。怪力ネタを使いたかったもので…。
そして夫婦には子供とかできちゃっていいよ!その子はジョッシュとコンビを組んで騒ぎを巻き起こすに違いありません。
かぎ爪のイメージって難しいのでよくわかりません。私のイメージではこんな感じです。
でも本当はあんなあっさり引き下がりませんよね。まあ、ここはシノさん無事ルートということで。
posted by kaira at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女装ネタ2

前回女装兄さんが書けなかったのでリベンジです。
しかし、たいしてネタと言えるほど女装になりませんでした。おかしいな…。
今回はえろ無しです。ありませんが、内容は結構とんでもないことを言ってたりするので、親に見つかって怒られることの無いようにお気を付け下さい。

今日は2回も更新して、もうちょっとバラけさせれば良かったかもです。も、勿体ない…。
それと、先ほど書き忘れましたが、トラックバックして下さったアニマライト様、ありがとうございます。
偏った感想で本当に申し訳ないです…。

--------------------------
内容を読む
posted by kaira at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

女装ネタ

最近流行(?)の女装姉妹(兄弟なんだけど)ネタで。
性格崩壊と女装ネタ苦手な方はスルーよろしくです。
一応性的な表現がありますので、精神年齢制限ありでお願いします。
内容を読む
posted by kaira at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

キャラ設定:ジョシュア2

こちらも追加な捏造キャラ設定です。
ジョッシュは原作でも2面性が後半強調されておりましたので、ネタも2通りあります。
さすがのジョッシュも原作ではシリアスなシーンではウザさ全開ではありませんでしたので、ネタでもシリアスっぽいシーンではどうしてもそうなってしまいます。
乙女ちっくになってしまうのは乙女顔のせいです…。あんな表情設定画にあったのでしょうか。

そういえばDVDの初回特典の設定カードにはジョッシュいなかったんですよね。
何故!どうして!箱入りだから?兄さんが隠してしまったから?(アホ)
憂い顔とか怒り顔とかあったらいいのに!公式ホームページにちらっとあったくらいでは足りませんよ!今からでも遅くないです出して下さいハァハァ

兄さんも、穏やかな優しい人というジョッシュ情報を基本設定にしておりますので、原作とはギャップがあるかもしれません。
最終回まで見ればジョッシュもまあまともに話せるということがわかるのですが、放送中でしたらこんなキャラ出てきませんでしたね。
5話の兄さんが基本でしたら、ただの酷い人ですよ…。

■ぜんまい兄さんのジョッシュ
襲い受けの代表ですが、本番(笑)で乙女になってしまうのはバリ経験者の兄さんに勝てないからです。
今後経験値を稼げば下克上もありうるかも。返り討ちにあうと思いますが。
計画的に物事を考えているようで、時々常軌を逸しているので兄さんの修正が必須。

■警備兵ネタ
これはジョシュア的にはめちゃくちゃ暗いです。
未遂にすれば良かったと思ってももう遅い、というかそれではお話にならないので仕方ないのですが。
兄さんへの依存度が高くなってます。
ちからはあるけど格闘を習っている訳ではないので、訓練された兵士に襲われて反撃することは難しいです。
その点兄さんはちゃんとヴァンとも格闘してましたね。ヨロイ乗りになるために訓練はされているのですね。

原作ではスタンガンを使ってましたが、格闘ができない人でも使える武器を使っているところがジョシュアらしいと思いました。
棒状のものとジョッシュのちからがあれば充分武器になると思うのですが、あえて確実な武器。すごいです。
リーチが短いのが難点ですが、届いてしまえばこっちのものですしね。
ところでスタンガンって簡単に作れるものなのでしょうか。
小学生が感電ごっことか言って、ビリっとくるおもちゃを作ってましたが、あんな感じの物なのでしょうか。
昔兄さんが散々いたずらの犠牲になっていないことを祈ります。

その他考えたネタですが、ジョッシュが体を鍛えたのは力仕事をしていたから必然的にそうなってしまったというのはあると思いますが、ヨロイに乗りたかったというのもあったのでしょうね。
ヨロイ乗りになったジョッシュとか、ジョッシュを止めるために追いかける兄さんとか見てみたいです。
ジョッシュの何を兄さんは止めたかったのかと言いますと、当然復讐とかありえないのでいたずら暴走か何かでしょうか。
つかまえたらもちろんおしりペンペンです。お仕置きです。縛りです。
いかん、暴走を始めてしまいましたよ私が。

なんだか妙なネタ語りになってしまいましたが、めろ甘な人たちになり得る設定なのですということを分かって頂ければと思います。
posted by kaira at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラ設定:レイ兄さん2

初めに書きましたレイ兄さんのキャラ設定から、具体的に捏造された人たちを書こうと思います。
いつか書こう書こうと思っていたのですが、なかなか書けませんでした。
どれもまあ同じなのですが、微妙に違う部分があるのです。
基本はツンデレです。

■共通
元々精神的にはあまりアグレッシブではありませんが、ターゲットロックオンするととたんに行動力を発揮します。
しかし唯一積極的だったのはシノさんに対してのみ。きっとモーレツアタックをしたに違いありません。

■ぜんまい兄さん
ぜんまいのちからで蘇ったので、目は見えております。怪我の跡はありません!
うちの中でも独占欲が強い方で、ジョッシュが誰かと仲良くしていると疑心暗鬼に陥りがち。
自覚はしているので、暴走することはあまりありません。自制心は強いです。多分。
ジョッシュに対しては誘い攻め、または襲われ攻め。

■警備兵ネタに出てきた兄さん
ベタですが写真のプレートで奇跡的に助かった兄さん。
目はあまり見えてません。放っておけばいずれ見えなくなってしまうでしょう。
治療方法はオーバーテクノリジーでなんとかできませんでしょうか。聞かれても困りますね。
心より先に体が攻略されたり弟が襲われてたり、うちで一番可哀想な兄さんかも。
あ、もしかして珍しく普通の襲い攻めかもしれません。

■4コマ兄さん
4コマ漫画に出てくる兄さんです。特に統一している訳ではないので、なんとなく傾向としてです。
ものすごいツンデレでものすごい兄バカです。バカ兄ではありません、兄馬鹿です。
ジョッシュに対しては「黙っていれば可愛いのに空気を読まずにしゃべり出すからウザがられる」と思ってます。
ポイントは、誰もが「黙っていれば可愛い」と思うと本気で思っているところです。え、どう見ても可愛いだろ、みたいな。
躾は厳しいです。

■記憶喪失兄さん
特にお話にしていないネタです。やはり死んで遺体が上がらないときたらお約束です。
あまりにベタすぎてストーりィにできません(笑)。せっかくですので、ネタだけでも書こうかと思います。
ジョシュアに敬語を使ったり、兄弟という自覚のない兄さんを書いてみたかったのです。本人同士でジョッシュを取り合ったり。
記憶有り兄さん「俺は子供の頃からジョシュアを知っている」
記憶無し兄さん「俺はジョシュアさんのファーストキッスもらった」
記憶有り兄さん「な、なんだってー!?」
みたいな。

またネタができましたら追加するかもです。
お話も書きたいのですが、どうせなら漫画で書きたいです。

昨日も拍手頂きました!ありがとうございます!

画像が見えなくなっていると思いますが、現在HTMLサイトのサーバが落ちているようです。
復帰は夕方になってしまいます。申し訳ありません。
posted by kaira at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ハガレン兄弟

鋼の錬金術師のエルリック兄弟が好きです。
サイト作ってたことも一瞬ですがありました。オフ事情で続けられませんでしたが、ここと同じURLでサイト名も同名でした(笑)。
ハマったのはアニメの22話くらいでしたか、何この釘宮声!!という衝撃でした。
いえ、一応1話から見ていたのですが、そんなにハマらなかったのですよね。しかし22話とはまた長く放置してましたね。いえ、しつこいようですが見てはいたのです。
ってガン×ソードと同じくらいです!ガン×ソードにハマったのも22話の毛布からですよね…何やってるんでしょう私…。遅いよ。

それはともかく、アニメオリジナルのシーンですが、「兄さんやめて!本気なの!?」という台詞を悲鳴声を釘宮で、絵を見ていなかったらただの兄×妹ですよ!しかし絵を見てもラスト×アルの血印プレイ…。いやあ萌えました。
その前でも、「兄さんはボクを愛してる」という発言もありました。

アニメはアルがある意味ヒロインでした。スカーともなんだか仲良くなってますし。「お前は人間だ」って何カッコつけてんでスカー。
TVシリーズで終わらなくて、映画まで引っ張りましたが、映画では「来ちゃったv」ですよ!すごいなあの映画!兄弟ルートでハッピーエンドですよ!
弟は兄のコスプレしてますし、兄は弟のそっくりさん見つけて同棲してるし、弟の頭(鎧)を拾ってきて寝室に置いてるし…。

そういえば原作でも弟の腕(鎧)を持ち歩いていた時期がありました。扉の向こうですが。
なんだあの兄!弟のこと心配しすぎ!てか依存しているのか心の支えというか、使命感を持っているんでしょうけど、おかしいよあんたら!と言いそうになるほど兄弟愛です。
まあ、主人公が兄弟なので兄弟愛が出てきて当然なのですけどね。

そうそう、このアルフォンスの一人称が「ボク」なんですよ。なので弟の一人称が「ボク」、兄のことを「兄さん」と呼ぶ、というのがジョッシュと同じなんですよね!
それでジョッシュにハマった訳ではありませんが、ちょっと嬉しいです。

昨日はたくさんの拍手を頂きました。ありがとうございます!
今回はちょっとガン×ソードと関係ないお話で申し訳ありません。しかし共通点があるネタに限りますので、お付き合い頂けると嬉しいです。
続きを読む
posted by kaira at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

続・警備兵×ジョシュア

警備兵×ジョシュアの続きです。このシリーズはこれで最後です。
半分眠りながら作ったのであちこち綻びがあるかもしれません。
目が覚めて見直しておかしいところに気づいたら、さりげなく修正して行きます。(それもどうか)
これもえろのためのお話なので(兄さんを行かせてあげるのが今回の目標なんですよハハハ)、そういうのが苦手な方は絶対に読まないで下さい。そろそろこのサイトも年齢制限にした方が良いのでしょうか。しかし18歳未満のレイジョシュの人を帰してしまう訳にはいきませんので、サイトの方で個別に注意書きして参ります。
でもやってることがエロスなだけで、お話がえろい訳でも無いんですよね。いつかちゃんとした大人のエロスが書ければいいなあと思っております。いえ、エロス作家が目標という訳でもないのですが。

本文を読む
posted by kaira at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

警備兵×ジョシュア3(完結)

これは25話のジョシュアが捕まった時のお話で、警備兵×ジョシュア2の続きです。
これは陵辱物(…)ですので、ジョシュアが可哀相な目にあっているのが苦手な方は絶対にご覧にならないで下さい。物語と現実は別物だと認識した上でご覧下さい。
今回は殆どえろのみなので、そういうのが苦手な方もご遠慮下さい。
今回で一応終わりです。ハッピーエンドにしたつもりですが、いかが…でしたでしょうか。作者小心者なもので、ビクビクしながら書いております。

昨日は拍手を下さいましてありがとうございます。
今回こんなものになってしまいましたが、これで見切りを付けずにまた来てやって下さい…。頑張った方向が今回アレですが、まだまだこれからですので、これからも頑張ります。

本文を読む
posted by kaira at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備兵×ジョシュア2

これは25話のジョシュアが捕まった時のお話で、警備兵×ジョシュア1の続きです。
これは陵辱物(…)ですので、ジョシュアが可哀相な目にあっているのが苦手な方は絶対にご覧にならないで下さい。物語と現実は別物だと認識した上でご覧下さい。
今回は殆どえろのみなので、そういうのが苦手な方もご遠慮下さい。

本文を読む
posted by kaira at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備兵×ジョシュア1

これは25話でジョッシュが捕まった時のお話です。一応陵辱物(…)ですので、ジョシュアが可哀相な目にあっているのが苦手な方は絶対にご覧にならないで下さい。物語と現実は別物だと認識した上でご覧下さい。
今回は殆どえろのみなので、そういうのが苦手な方もご遠慮下さい。
注意書きが増えるうちのサイトです…。
こういうのは今回のみですので、次回からはらぶこめ路線に戻る予定です。まあ、今回も根底に流れるのはらぶこめなのですが。今回も一応ハッピーエンドです。たぶん。

今回もそうですが、なんだか私はは主観が入れ替わるザッピング形式しか書けないようです。一応地の文は三人称なのですが、主観がどちらかにないと書けないらしいです。各キャラクターに感情移入しながらこう来たらこう答えるだろう的に考えているので、その時によって答え方が違ったりして、場面によって意見に食い違いが出てきたりするというまずいことになっております。でも最後に読み直すのも嫌なんですよね。粗が見えたりして。でもチェックはちゃんとしなくては。トホホ。

本文を読む
posted by kaira at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ちょっぴり切ない10の御題

今回はお題もので、独白系短文集です。なるべく原作準拠にしたつもりです。なのでホモではありません。うちでは珍しくシリアスです。
原作なので後がないです。暗いです。最後を知ってしまってますから。
これは私なりの原作の解釈をまとめたものという感じです。いろいろな意見はあると思いますが、私の解釈ということで。
各文が非常に短いので、全部まとめてしまいました。投稿できるかしらん。

何かいいお題はないかしらと探している時、こちらに出会いました。
琴線に触れた気がしたのでお借りしました。ありがとうございました。
site:ひとやすみ
master:矢色セイカ
URL:http://ssc.boy.jp/onetime/
-------------------

01:遠ざかっていく背中(ジョシュア)

子供の頃から兄さんの背中ばかり追いかけてきた。
追いかければ追いかける程逃げていくものだというけれど、兄さんはボクから逃げているんじゃなくて、ボクとは違うところに向かっているだけなんだ。
それなら先回りすればいい。兄さんの行く先にボクがいれば、出会うことができる。ボクの行き先も兄さんと同じなら、一緒に進める。
だから、目的の場所にたどりついた時、次の行き先を一緒に考えよう。
-------------------
結果的に救われないんだけど…うちの人達だけでも救いたいという思いから、次の項と組です。

02:近いのに遠い(レイ)

テンサンでジョッシュに会ってから、あいつはあの男と同行しているらしい。
またあいつは囮に使われているのだろうか。ヘッドセットからのわずかな信号から位置は割り出せるが、あいつが無事なのか確かめる術はない。
さっさと故郷へ戻っていればいいものを、これではずっと人質に取られているようなものだ。あの男に言った自分の言葉通りになってしまったとは、皮肉なものだ。
しかし自分の目が届くところにいたとしても、守ってやれる訳でもない。
あれからあいつは俺の行く先に当然のように現れる。だが顔を合わせても会話などない。どうせ意見が食い違うだけだ。
あんなにおしゃべりだったあいつと会話ができない。
したくてしたことなど無いが、できないと思ったことも無かった。
-------------------
実際に追いかけてるのはジョッシュじゃなくて兄さんの方だったんだよん、というオチでした。

03:一人で見る夕焼け(ジョシュア)

みんなが揃ってかぎ爪の計画を阻止できたことを祝っている。助けに来てくれた人達に感謝のパーティをする、とだけ聞いていた。
でもボクはその輪に入れない。だってそこには兄さんがいない。
せめて義姉さんと一緒にいさせてあげたかった。だからボクは兄さんと義姉さんにしてあげられる最後のことをするために、兄さんを見つける。
そんなことを考えていたら、ヴァンさんがひとりで出てきた。彼も参加しなかったのだろうか。
エレナさんの仇を討つことはできたけど、エレナさんはここにいない。でも、ヴァンさんは生きている。生きてエレナさんの死を受け入れた。
ボクも兄さんを見つけたら、二人分の死を想い出にできる筈だ。
そしたらヴァンさんも一緒に帰還を祝おう。
-------------------
ジョッシュにしてはその後の行動が後ろ向きすぎるのですよ。だからあれは兄さんとシノさんを同じお墓に埋めてあげるための行動だと、それがジョッシュ自身のための行動だと思っております。
ユキコさんはジョッシュの同類なのです。向かう先が兄さんであってお互いではない。それはそれで寂しいですが。

04:ふとした瞬間(ジョシュア)

ヴォルケインの修理の作業中、視線を感じて周りを見回したが、兄さん以外誰もいない。
ユキコさんが食事を持ってきてくれる時間にはまだ間がある。兄さんは作業に没頭して気づいてもいないだろう。何か危険があるなら、カルメンさんが声をかけてくれる筈だ。
諦めて作業に戻ると、また視線を感じた気がする。
見逃すまいと素早く見回したら、兄さんと目があった。
視線はすぐ逸らされて、兄さんは僕の目が届かないところの作業に移ってしまった。
-------------------
ツンデレだから。というだけでもないのですが、それはまた次の項で。

05:触れたい手(レイ)

視力が落ちるというのは、こんなに早いものなのか。
動いているものや人の表情等ならわかるが、細かいものが見えづらくなってきている。
あとどのくらい見えて居られるのか。かぎ爪にたどり着くまでもつだろうか。
あたりを見渡していたら、ジョッシュが作業しているのが見えた。
どんなにぼやけていても、こいつだけはわかる。声を聞かなくても表情が見えなくても、区別は付く。
しかし本格的に見えなくなったら、その他の感覚に頼るしかないだろう。触れていれば表情がわかるようになるだろうか。声で感情はわかるだろうか。
さっきまで見えなくなった後のことなど考えもしなかった。かぎ爪を殺したらそれで全ては終わると思っていた。
だがジョッシュを見て、これで見納めになってしまうのだろうかと思っていたら、目を離せなくなった。
見えなくなるまでに、触れた感触を覚えたかった。
こんなことを考える様になったのも、この船に乗ってからだ。やはりこいつと合流すべきではなかった。
こいつといると、昔を思い出してしまう。癒されてしまう。シノの死を受け入れてしまう。
まだだめだ。感情をこの船から切り離す。せめてかぎ爪のところにたどり着くまでは。
-------------------
以前どこかで書いた気がしますが、ジョッシュは兄さんの心の拠り所、最後の砦なのです。

06:放された体温(ジョシュア)

突然『ゴン!』という音と頭への衝撃とともに、視界に星が散った。本当に目の前が真っ暗になって星が出るものなのだなあとしみじみ思いながら、しゃがみこみ頭を押さえた。
「すまん!大丈夫か?」
珍しく兄さんの慌てた声が聞こえる。謝っているということは兄さんの仕業なのか。
「手元が狂って落としてしまった」
これは通常のドジではなく、兄さんもショックを受けているようだった。やはり目が見えなくなってきているのだ。兄さんはボクの頭を撫でていてくれた。
兄さんに頭を撫でられると気持ちが良い。子供の頃からの条件反射だろうか。ついでに眠くなってきた。
くったりと身体を預けていたら、ボクが気を失ったと思ったのか、必死に呼びかけてくる。あ、これもなかなか良い気分だ、と思ったら表情に出てしまったらしい。ものすごく低い声で、「まだ寝る時間じゃないだろう…」と、放り出されてしまった。
-------------------
ホバーベースでの日常は、最後の蜜月ですよ。この後にアレが待っているかと思うと虚しいですが、こういう些細なことも大事な想い出になっていくのですよね。

07:振り返っても…(ジョシュア)

兄さんは、かぎ爪の情報が手に入らないとわかると、敵を倒し、すぐ姿を消してしまう。兄さんが家を出てから初めて会った時も、かぎ爪に初めて会った時も、オリジナル7と言った二体対のヨロイを使う双子を倒した時もそうだった。
双子の妹が倒れた時、兄さんはとどめを刺すことに躊躇したのだろうか。ホバーベースの操縦席からすぐ隣にいたヴォルケインを振り返った。双子の兄のヨロイが襲ってきた時、一瞬兄さんと目があった気がした。こちらからコクピットの中は見えない。でも兄さんの視線を感じた気がしたのだ。
しかし、ヨロイがまっすぐヴォルケインに向かうと、間をおかずキャノンを発射した。破片がヴォルケインを襲ったようだが、すぐ体勢を立て直し、またジングウとともに姿を消してしまった。
ボクがずっとそれを見ていたのを兄さんは気が付いてくれただろうか。ここまで来てしまったことを叱るだろうか。
兄さんの行く先にボクがいる意味に、気づいて欲しい。
-------------------
カロッサが襲ってくるシーンがいつもよく分からなかったんですよね。兄さんが一瞬チラ見していたことに最近気づいたのです。

08:知らない期間(レイ)

子供の成長は早い。最後会ったのは約2年前のことだ。その間俺はがむしゃらにかぎ爪の行く先を探し続けた。とある街でジョッシュに出会ったのは偶然ではあるまい。俺を追いかけてきたのだろう。声は変わっていなかった。しかし背は少し伸びた様だ。いくらか以前より大人びた表情もしていた。
精神の成長が著しい頃に、俺は自分のために弟を放り出した。ゆっくりシノとも弟の成長を見守っていくつもりだったのを、かぎ爪が壊したのだ。何もかもあいつのせいだと思わなければ身動きがとれなくなりそうだった。
俺は突きつけられた現実からまた目を逸らした。
もう二度と会うことはあるまい。大人になるまで見守ってやれなかった俺を許さなくていい。それを乗り越えられるだけの強さはある筈だ。
その強さの何分の一かでも俺にあったら、また未来は変わっていただろうか。
-------------------
知らない期間とは、4話前までのラングレン兄弟のことです。視聴者は何も知りません。
本当に過去話がないんですよ!ラングレン兄弟!ガンソードパートナーさん、そろそろ出して下さいよホレホレ。

09:初めて見た表情(レイ)

かぎ爪を撃ったその方向にはジョッシュが腕を押さえて立っていた。苦しそうに微笑んでいた。
これは誰だ。こんな表情を俺は知らない。
あいつは俺を「人殺しにしたくない」と言ったが、既に何人も殺してきた。今更止めても変わらない。既に人殺しなんだと知ったらどう思うだろうか。
しかし今、俺を兄弟殺しにしようとしたことはわかっているのだろうか。あと数センチずれていたらお前は死んでいた。俺にそれをさせたかもしれない。
これ以上俺の前に姿を現さないでくれ。照準が、覚悟が鈍ってしまう。
そんな顔を見せられたら。
-------------------
乙女顔にはきっと兄さんもびっくりですよ。でもこれから何度も出てきてしまうのですよこれが。
うちにキャプチャーできる装備があったら、乙女顔コレクション作るのに。

10:破られた約束(ジョシュア)

兄さんは義姉さんの仇をとったら、昔の自分に戻ると言っていた。
帰るつもりがあったのだ。自ら進んで死にに行ったのではない。
それはただ何の気無しに呟いただけだったのかもしれない。でもボクにとっては兄さんとの大事な約束だった。
だから今でも兄さんの帰りを待っている。昔に戻った兄さんを。
-------------------
いや、ジョッシュはそんな後ろ向きじゃないと思いますけどね。

--------------------------------------
というわけでシリアスなお題終了です。ここまで読んで下さってありがとうございます。
兄さんがシノさんの死を受け入れられなかったように、私もまだ兄さんの死を受け入れられていないと思います。
今回頑張って受け入れて考えてみました。
とても辛かったけれど、書いてすっきりしました。
さて、次回からは気を取り直してコメディ路線に戻ります。ジョッシュが笑ってくれないと、私も元気が出ないのです。
posted by kaira at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

カップリングなりきり100の質問

カップリングなりきり100の質問をHTMLサイトの方にUP致しました。
やってみたかったんですよ!こういうの!二次作品でなりきりって本当にこのジャンルが初めてで、どうせやるなら後半もやりてェ、と思っておりましたので、やってみました。
こういう質問って時系列が非常に大事なので、続々ぜんまい兄さん2の後、ということで読んで頂ければ、原作からかけ離れていても意味が通じて頂けるかと思います。

http://angelfish.ddo.jp/~palna/mp/ss/100Q-2.html
posted by kaira at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

続々ぜんまい兄さん2

カテゴリ「ぜんまい兄さん」は、「ガン×ソード」レイジョシュSSです。
今回は本当にもうただのエロなので、兄×弟、やおい、BL等の意味がわからない方、わかるけど興味がない、むしろ嫌いな方は絶対にご覧にならないで下さい。お互いのためです。またできれば18歳未満の方もご遠慮頂けるとありがたいです。
これは「続々・ぜんまい兄さん」の続きです。
本文を読む
posted by kaira at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

続々ぜんまい兄さん

カテゴリ「ぜんまい兄さん」は、「ガン×ソード」レイジョシュSSです。
今回はありませんが、このシリーズは微エロ風味なので、兄×弟、やおい、BL等の意味がわからない方、わかるけど興味がない、むしろ嫌いな方は絶対にご覧にならないで下さい。お互いのためです。
これは「続・ぜんまい兄さん」の続きです。
内容は関係ありませんが、本日、ホワイトデースペサルです。

本文を読む
posted by kaira at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

続・ぜんまい兄さん

カテゴリ「ぜんまい兄さん」は、「ガン×ソード」レイジョシュSSです。
今回は微エロ風味なので、兄×弟、やおい、BL等の意味がわからない方、わかるけど興味がない、または嫌いな方は絶対にご覧にならないで下さい。お互いのためです。
これは「ぜんまい兄さん13」の続きです。

本文を読む
posted by kaira at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ぜんまい兄さん13(完)

カテゴリ「ぜんまい兄さん」は、「ガン×ソード」レイジョシュSSです。
今回は第13回で最終回です。
元々字書きではない作者が必死で書いております。広い心で見てやって下さいませ。
しつこいようですがこのシリーズはギャグです。

---------------------------------
「ごめんなさい!悪いこと…したからですよね」
レイは危うくベッドから落ちるのは免れたものの、あまりに突然のことに、一瞬何かまずいことでもしたかと呆然としたが、どうやらそうではないらしい。
「ぜんまいがほどけてるんです!ごめんなさい!」
そのままレイを残して部屋を出て行ってしまった。
「え、ちょっと待…!」
ここは宿屋兼酒場で出入り口はひとつである。当然酒場にいる客達の目に晒されることになる。レイは上着を掴んで、ジョシュアを追うため部屋を出た。あの夏からもう数ヶ月、季節は冬である。

旅先で行く宛など無いジョシュアは、ピンクアミーゴに行く道の途中で簡単に見つかった。
「そんな格好でユキコのところへ行ったら変に誤解されるぞ」
「ダメです!触らないで下さい」
上着を渡そうとした手から逃げようとするので、レイは放って渡した。渋々ジョシュアは上着を着た。
「すみません。でもこのまま兄さんがまたいなくなってしまったらと思うと、恐くて兄さんに触れません。ボク、ちゃんと兄さんが生き返るまで我慢します」
そういうことか。レイは以前ぜんまいがたくさんほどけた時より緩やかだったので、それほどおおごとだと思わなかったのだが、二度も兄を失うことに怯える気持ちは良くわかる。
「悪かった。俺も油断していた。気をつける」
ジョシュアが宿に向かって歩き出すのを待って自分も歩き出すと、ぜんまいが巻かれた。何を基準に巻かれたのかわからないが、何かしたんだろう。もうあまり気にも留めなくなってしまった。
そしてそのぜんまいが巻かれると、一度止まり、今度はものすごい早さでほどけ始めた。これはなんだ。初めぜんまいを付けられて動ける様になった時以来の早さだ。
おかしい、と思う間もなくレイは気を失った。

「兄さん!しっかりして下さい!」
突然倒れた兄に必死に声をかける。きっと自分のせいだ。自分が変なことを言わなければぜんまいがあんなにほどけることは無かったかもしれない。どうしよう。
そうだ、確か「大福の神」にもらったとか言ってた。
「大福の神様!聞いていたらお願いします!兄さんを戻して下さい!ボクの寿命全部使っていいですから!」
兄の身体を起こすと勢いよく回るぜんまいが見えて愕然とした。止められるものなら止めてしまいたい。でも壊れたらどうなるかわからない。
「神様を信じます!信じますから兄さんを助けて!!」
神という存在を信仰するという宗教があったことは知られている。しかし現在ではその文化は失われていた。自分の着ている服がその宗教を元にしたデザインであることは知っていたが、特に信仰していてのものではない。しかし今では昔の人々が信仰していたという気持ちがよくわかる。
「そんなに大声を出さなくても聞こえとる」

のほほんとした大福の神の声が聞こえてきた。と同時に突然空中に金色に輝く大福の神が現れた。
「そのぜんまいはほどけているんじゃない、役目を終えたんじゃ」
神が指をちょいと動かすと、レイの首筋からぜんまいがぽろりと取れ、彼の帯に収まった。
「案外早かったのう。乗り気には見えんかったが、頑張ったんじゃな。よしよし」
ジョシュアは神の様子を呆然と見ていた。これが兄の言っていた神か。目の前に現れては信じるより他ない。
「お前は弟なのか。ホレ、兄を寝床に連れて行ってやるんじゃな。ではな〜」
くるくると回ると、神は消えてしまった。しばらく動けなかったジョシュアだったが、慌てて胸に耳を当てて心臓を確かめる。
生きている。
神の言っていたことは本当だったのだ。
今度こそ本当に生き返った兄を前に、また涙が止まらなくなってしまったが、先ほどの騒ぎを聞いた人がちらほら集まって来そうだったので、ジョシュアはそそくさと兄を抱えて宿屋へ帰って行った。

その間、レイは夢の中で大福の神に顛末を聞いていた。
「と言う訳で、108回善を成したから、ご褒美に生き返らせてやることにしたのじゃ。それともメイド、いや冥土に行く方が良かったかの?」
一瞬だけ考えて、レイは首を横に振った。せっかく与えられたのだから、無駄にはしない。自覚もなかった善では、つぐないもこれで完全に終わった訳ではないだろう。まず両親には謝らなくてはいけない。それと、シノにも。
「そうか。お前には弟もいるようだし、なんとかなるじゃろう。さて、ワシはそろそろ帰るぞ」
この神は弟も見ていたのか。人が悪い。
「ちょっと待て。これは勝手に善悪を判断するようだが、感度が良すぎる。巻かれるのもほどけるのも頻繁で、いつ止まるかわからない」
「そうだったかの。まあそれが丁度良いんじゃよ。ではな〜」
緊張感も無く、神は帰ってしまった。
それと同時に自分も気が遠くなってきた。これは夢が終わり目覚める瞬間か。そう思いながらレイはゆっくり瞼を開いた。

レイは先ほどの宿の部屋で寝ていることに気が付いた。そして目の前には弟が一緒のベッドで寝ていた。
またこいつは勝手に潜り込んだな、と昔の弟を思い出し、幸せそうに微笑んだのであった。

完!
---------------------------------
やっと!やっとここまで参りましたよ!まだ後日談とか書きたいことはありますが、これで一段落つきました。13回で終わりとは、ガン×ソードのDVDと一緒ですね!(一緒にするな)
長らくお付き合い下さいました方々、本当にありがとうございました。
これでもまだレイジョシュじゃないじゃんとお思いの方も、後日談でフォローする予定ですので、またお会いできれば嬉しいです。
あ、今後もこのサイトは続きますので、よろしくお願い致します。
posted by kaira at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | G×S読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。