2012年03月31日

星のカービィが可愛すぎて倒れる

「星のカービィwii」を買わされて家で流行っているのですが、このピンクボールが動くととても可愛いです。
しかしメインの萌えは「デデデ大王×エスカルゴン(アニメ)」。
ちょ、今更10年も前の作品にハマるとか、なんだいつもの自分じゃん、という気がしました。
いつも昔の作品にハマって苦労するのです。

エスカルゴンというのは大きなかたつむりのキャラで、正式には「ドクター・エスカルゴン」というらしいです。
メカ開発のプロフェッショナルで、変なロボットを作っているらしいです。
科学者好きにはたまりません。いえ、科学者の雰囲気まるでありませんが。
DVDもビデオも手に入らないのでネットでこそこそ情報拾ってます。
全100話あるそうですが、到底見ることは出来ません。
ウィキやブログ記事で妄想するくらいしかないのです。

問題は88話のその名も「はだかのエスカルゴン」というサブタイトルの回です。
カタツムリなので当然殻があるのですが、デデデ大王が突然殻の中身に興味を持って、エスカルゴンの殻を割ろうとするのです。
別にそれ自体は気持ちはわからなくもないという感じなのですが、言動がおかしいのです。
「知識欲」であって「知的好奇心」ではないのですね。欲望なのです。スバラシイ!
部屋に立てこもるエスカルゴンに扉の外からハンマーで扉を叩きながら「入るゾイ!入れるゾイ!」と気のせいかおかしい。
挿れるってことですか?陛下。
エスカルゴンも「ヴィーナスの誕生(ボッティチェリ)」パロになったり「サディスト!」とか叫んでたりします。
「カラカ=ゾーイ」で検索するといろいろわかります。

カタツムリは雌雄同体なので子供作っちゃいなよ!

あ、メタナイト×カービィも可愛くて好きです。
メタナイトはナルシストらしいですし。
逆もショタ×おじさまっぽくていいですね!
カービィに鬼畜眼鏡吸わせたい!!
メタナイト「…!あれは鬼畜攻めに変身してしまうという伝説の『キチメガカービィ!』」


そういえばカービィはアニメで「ホモ」発言したことがあります。
あまり言葉しゃべれないのに「ホモ」という単語はしゃべれるのですね。
しかも話の流れ的に意味わかって言っていそうで怖いです。
何話か忘れましたが「川崎×名古屋(逆?)」の回でした。まさに公式が病気。
posted by kaira at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。