2006年06月25日

DVD9巻感想

最近記事書き込みがご無沙汰してしまって申し訳ありません。でも熱が冷めている訳ではありません。というかむしろ萌えて仕方がないのですが、作品にできないもどかしさで一杯です。

そしてついに!ついに9巻を見ました!
いろいろな意味で楽しみにしていた方は多いのでしょうが、私としてはロバ抜きではありません。
兄弟の中の人がそれぞれ、あの兄さんの行動についてなにかコメントしてくれないかしらんと楽しみにしていたのでございます。
ロバ抜きは、期待したほどすごくはなかったです。何を期待していたんだと思われそうですが(笑)、びっくりしたのはユキコのTバックくらいでしょうか。ユキコって意外と巨乳ですよね。カルメンさんに劣らない程スタイルは良いのですが、いまいちお色気キャラとして描かれていないので勿体ないです。

オーディオコメンタリ女子の部は、アイドル座談会のような、ガン×ソード関係無いだろ的な内容でした。ちょっと出てきたのも、怪力ジョッシュネタと兄さんのおイタとバナナ(笑)くらいでしたね。監督ネタばらしできる人がいなかったせいもあると思いますが。
そういえばファサリナさんも王国の破壊に荷担していたんですよね。壁をぶっ壊してました。兄さんだけじゃないですよ。

兄さんのおイタは男子の部でも笑いもの(笑)でしたね。
櫻井さんが『レイがドジっ子なのでジョッシュも放って置けない』というようなことを言ってらして、そう!その通りよ!とTVの前で握り拳を作ってしまいましたよ。放っておけないんです。

そういえば他のメンツはジョッシュのことを「ジョシュア」と呼んでいるのですが、野田さんと櫻井さんだけは「ジョッシュ」と呼んでいるんですね。今回だけかもしれませんが、ちょっと嬉しいです。

そういえばジョッシュの台詞がDVDの煽り文句になってましたね。
「下着ってあるんでしょうか」という台詞はそんなに重要だったのでしょうか(笑)。
しかし便利に使われてますよね、ラングレン兄弟。その台詞といい、王国破壊といい。王国破壊が「ドジっ子兄さん」だけで片づけていいものなのでしょうか。始終汚れ役ですねえ、兄さん。


posted by kaira at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | G×SDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。