2016年01月09日

シルムガル×オジュタイ妄想(twitterから転載)

twitterに書き込んだ内容を転載します。
素敵なイラストを頂きましたのでよろしければこちらも…!
https://twitter.com/salemyu/status/685635412941877248
一連のレスの中にあります!

おじゅおじゅは最初から汁に片想い。
汁がバナナに辛く当たるのが可哀想に思っちゃって、バナナに優しくするんだけど、汁バナナが純愛になっちゃって嫉妬でおかしくなりかけた頃氏族同士の争いが激化。
オジュタイ軍がシルムガル軍に攻め込むんだけどおじゅおじゅ本人も参加せざるをえなくて(機能運命再編と龍王混在してます)攻撃して入手した英雄の破滅でバナナ死亡させたところに汁登場。

焦るおじゅおじゅのコントロールを奪い、反撃でその日のシルムガル軍は勝つんだけど、そんなことよりバナナ失ったショック大きくて腑抜けになる汁。
汁にもおじゅおじゅが直接バナナ破壊したのではないし、戦闘中のことを責めるつもりは無いんだけど、八つ当たりでおじゅおじゅ陵辱する。
それで気が済むならそうしろ的な態度でも実は嬉しいとか思ってる自分が嫌いなおじゅおじゅ。

ちなみにコントロール奪われたオジュタイをシルムガルデッキ使ってたプレイヤーが間違えて持ち帰ってしまったため、おじゅおじゅがずっと汁のもとにいるという設定。
いざカードを返そうと箱から出したらくっついて離れない。

バナナを失った汁が死というものを思い知らされた矢先、おじゅおじゅまでも引き離されそうになることに酷く不機嫌になる。
「お前まで離れるのか。俺と同じ時間を生きることができるのはお前しかいない。除去耐性が必要なら俺の呪禁やるから、俺より先にいなくなるな」

無理矢理剥がすと表面が痛むので、剥がすのを諦めてお買い上げで決着した頃、おじゅおじゅのアイスコフィンでバナナがネックレスにされ、約2000年間2匹の龍とネックレスは離れず過ごしたのでありました。
めでたしめでたし。

めでたしめでたしじゃねーよ!と思うかもしれませんが、イラストはステキなので是非!ご覧下さい!
すてら様、ありがとうございます!
posted by kaira at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。